ホームページ トップへ

毛利建築設計事務所について

毛利 武信 氏

毛利 武信 氏

略歴

1925年東京に生まれる
父を彫刻家、兄を日本画家、彫刻家という芸術一家に育つ。
東京美術学校(現東京芸術大学)建築科卒
32歳の若さで独立、毛利建築設計事務所を設立、現在に至る
在チリ日本国領事館 在ノルウェイ日本国大使公邸 在サンパウロ日本総領事公邸等在外公館を数多く設計。その他、国際協力機構を通じ対外援助案件として30数カ国に教育施設の設計監理を担当 外国に於ける作品が多い。
2005年、「福原記念美術館」建設の設計監理を依頼され、2007年7月完成。

「愛馬譜」

日本画家の兄・武彦の作品
「愛馬譜」

「無題」「無題」正面から

彫刻家の兄・武士郎の作品
「無題」

どちらの作品も、福原記念美術館にてご覧いただけます。